住宅ローンを組みたいと思ったら?

住宅購入を検討されている方も多いと思います。
購入する為にはまず住宅ローンを組まなくてはいけません。
住宅ローンは銀行や信用金庫、ネットバンクから組む事が出来ます。
住宅ローンには金利・審査・諸費用が必須です。
審査時間はだいたい1週間前後のことが多い様です。
ローン金利の決定は契約完了の月の物が採用されます。
諸費用の計算は、借入金額によりますが数百万単が一般的です。
住宅を購入を考えても、実際自分の物になるまでこれらの事をこなしていかないといけません。
一般的には3〜4カ月かけて契約が完了します。
住宅ローンを組む時はまず審査が必要です。
住宅ローンは最長35年という長い月日の返済になりますので、審査は大変厳しく厳重に行われます。
審査の合否は一週間前後かかり、電話か口頭で伝えられます。
残念ながら審査が通らないと、住宅ローンは組めません。
審査に通れば、契約に移ることができます。
この契約の時には、銀行から指定された書類をすべて揃える他実印・諸費用も用意しましょう。
諸費用は借りる額によって金額が変わるので、事前に銀行側から指示がされます。
一般的には、数十万〜数百万単位の金額がかかるようです。
住宅ローンの支払いを長い間していると思いもよらない現金が手に入る事もあるかと思います。
その様な時は場合は是非、繰り上げ返済を検討してください。
繰り上げ返済はいつもの支払いとは別のもので、まとめて現金を返済する方法です。
繰り上げ返済をすると、根本的なローンの元の金額を減らす事ができますので、借入額をさらに減らす事ができます。
借入額が減れば、月々の返済額も減る。
という事になります。
繰り上げ返済をする際に手数料がかかる銀行もあります。
フラット35というローンは、今とても注目を集めている住宅ローンです。
最大の特徴としては、35年間支払いが変わらない。
という点です。
フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構が提供する特殊なローンになります。
35年という長い間、世の景気に左右されることなく、そんなフラット35の審査は、ですが、フラット35の審査は少し違う点もありフラット35だからといって、審査内容が甘い。
といった事もありません。
住宅の価値を審査される。
という点が加わります。
担保として十分かどうか、という点を重視する。
という事です。
逆に価値がないと判断される住宅は審査が通りにくいという事になります。