NISAのメリットは何?デメリットもあるの?

NISAでおすすめされているのはどういう理由なのでしょうか?あなたが投資をするという経験が今までなかったなら、まず先に分かっておく必要があるのはNISAだからどうかということではなく、リスクリターンという両面性についてです。

預金より投資のほうがリスクが大きいという比較してどうかという話ではなく、リスクの発生と現実化のメカニズムについてのケーススタディをすることです。

株の場合はその会社の先行きが不透明になると売られていって値が下がることがあります。

投資信託については銀行などでも見かけるのでもしかしたら株よりも身近に感じるかもしれませんが、投資先の金融商品が経済の状況の変化とどういうふうに連動していくのかは考えておいた方がいいでしょう。

金融商品自体の性質に加えてあとは自分が投資をどういう目的ではじめるのかを整理するといいでしょう。

NISAで取引可能な商品はというと、ざっくりと分けて、株と投資信託、ワラント債というものがあります。

ただし、株でもリスクが高い信用取引は含まれませんし、わりとリスクが少ないと言われる債券についても対象外になっています。

比較的人気の高い外貨MMFなども含まれていませんし、金やプラチナといった先物やオプションも対象には含まれていません。

FXなどのハイリスク型の商品ももちろん含まれません。

NISAという商品が誕生した理由は、日本では預貯金する傾向が高いため、その分を投資に回すことができれば、経済全体が活性化するのでは?という想いから誕生したそうです。

つみたてNISAが後継として生まれたことからも、長期的に投資資金に回すことを狙っているものと思われます。

NISAの失敗にはどのような原因があるのかご存知ですか?考え方自体は実は非常にシンプルです。

まずはNISAの仕組みそのものによって起こる可能性があるもの、金融商品ゆえにはらんでいるリスク、NISAの仕組みを活かしきれず逆効果になってしまった場合のリスクの3点です。

NISAの仕組みによる失敗というのは、期間終了時に含み損が発生していた場合に、そのまま通常口座に移行し幸か不幸か株価が値上がりしてしまうと、含み損が出ていた時の金額が基準になってしまっているので利益がでたと判断され課税されてしまいます。

金融商品自体がもっているリスクというのは簡単に言うと、NISAじゃなくても値下がりしたら損するよねということです。

3つ目のNISAの仕組みによるデメリットについてですが、120万円の枠内に収まるよう投資先を考えるといったタイプの思考法のことを意味します。

NISAを開設できるのは2023年までとなっています。

期限につきましては当初から決まっていたことではありますが、これからはじめる方にとってはあとわずかな期間になってきましたね。

この期間まではすでに買っていて5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーの制度が利用できたのですが、これからはじめる方はこの仕組みは利用できないと思っていいでしょう。

ではNISAの期限が切れるとどうなるかが気になってきますが、その場合はいったん売却するか、もしくは課税対象の普通口座に移行するかのどちらかになります。

NISAで運用していた非課税口座と一般の課税口座の間で移行させることで、最終的な損益を考えておくといいでしょう。

契約済みのNISAを別の証券会社や銀行に変えたというケースがあると思います。

1年に1回変更することができるようになりました。

もう一つは通常のNISAをつみたてNISAに変更したい場合やその逆があると思いますが、こちらの手続きも1年に1回対応してもらえます。

ここで気になってくるのが、変更前に買った金融商品が、変更時に強制的に解約しなければいけないのか?ということだと思います。

結論からいうと、そこは大丈夫なのでご安心ください。

前年度に買った金融資産はそのまま持ち続けることが可能です。

もちろんNISAという枠組み自体の制限はあるのでその点は注意が必要です。

NISAの口座を開設したいと考えているなら、まず最初に検討すべきことはどこを利用するかということでしょう。

NISA口座は一人につき一つしかもてないので、対応している金融機関の中でどこが一番自分にとってよいのかを厳選する必要があります。

一番有力な候補となり得るのが証券会社です。

その中でも、特にネット証券はメリットが多く手数料が安いのでおすすめです。

単純に安さだけで決めてしまうのではなく、キャンペーンなども合わせて比較するといいですね。

例えば売買に必要な手数料が無料になるというものもありますし、キャッシュバックキャンペーンなどを行っている場合もあります。

投資金額によっては、キャンペーンを重視するというのも有用です。

NISAとジュニアNISAのメリットとデメリットの違いが気になってきますが、通常のNISAは自分のために口座を開設して投資するものです。

参考:NISAのメリット・デメリットは?【口座開設の前に確認!】
一方、ジュニアNISAは、0歳から19歳までの子供やお孫さんのために、親御さんなどが代理で運用していく仕組みになります。

NISA口座が開設できない未成年のための仕組みという面と、子供や孫たちのための備えという面があります。

ジュニアNISAは、18歳まで払い出しが原則できないという制限があり、20歳を迎えると自動的にNISA口座に変更されるという特徴があります。

2024年以降の各年において非課税期間を満了したとしても、一定の金額までは20歳になるまで引き続き非課税というのは大きなメリットですね。

NISAと積立NISAの違いは、現物株や投資信託が扱える通常のNISAとは異なり、投資できる金融商品が制限されています。

積立NISAでは投資信託しか扱えないのですが、中でも手数料が低く、分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴があり、販売手数料がノーロードであること、長期分散投資に適している公募投資信託であることなどに限定されています。

また、投資上限についても年40万円までという制限がありますからかなり違いがありますね。

その代わり非課税投資枠が20年間まで最大800万円までとなっています。

通常のNISAと併用することができないというのも気を付けなければいけないポイントです。

NISAにはロールオーバーと呼ばれている仕組みが存在します。

NISAは最長5年という条件が設けられているのですが、この5年が経過した後にその年の新たな非課税枠を使って、そのまま移すことをロールオーバーと呼ぶのです。

NISAの投資枠自体は年間120万円の範囲以内と決まっていますが、購入した金融商品が120万円を超えている場合でもそのまま引き継ぐことができます。

ジュニアNISAにつきましても、ロールオーバーの扱いについては基本的には変わりはありません。

とはいえNISAは2023年までの仕組みですので、これから始める人には、ほとんど関係がないと言えるかもしれません。

NISAのリスクは主に2つあります。

1点目は、NISAの仕組みが抱えているリスクです。

NISAは利益に対して課税されないというのが最大のメリットなのですが、損失がでたときに損益通算ができません。

このことは源泉徴収ありの特定口座でも同一ですが、NISAで注意しなければいけないのが5年間という期限があるところです。

期限間際に一般の口座に移動させることはできるのですが、その場合、含み損が発生していたとしても考慮されないのです。

一度売ってから、再度買い戻しをすることになると手間がかかります。

そしてもちろん金融商品ですから、商品自体がもっているリスクも考えなければいけません。

NISAを銀行で始めようと思っている方はいませんか?いわゆるしがらみのようなものがないのであれば、手数料が安いネット証券がおすすめです。

ゆうちょや銀行などの場合、NISAについて詳しく説明してくれますから、安心できるという方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの1番特徴である非課税というのは、支払うコストが低くなるということですから、それだったら手数料が安くなる可能性も高めていきたいですよね。

極力リスクを下げることも考えて銀行にするかどうか決めましょう。

NISAに興味がある方はまずは、はじめ方から勉強することをおすすめします。

始めるだけであれば、ゆうちょや銀行の支店などでもはじめることは可能です。

とはいえゆうちょや銀行の場合、本当にただはじめてみるだけ、という人にしかオススメできませんので、堅実に収益を上げたいと考えている方には、ネット証券を利用することを強くおすすめします。

銀行やゆうちょなどといった金融機関で販売されているのは、ローリスクではありますが、ローリターンでもあります。

決して悪くはないのですが、逆に言うとそれしかないのでちょっと気になるところです。

独占の金融商品に興味があるなどこれといった理由がないのであれば、手数料が安くて取扱い商品も多いネット証券が安定の選択肢といえます。

NISAの解約可否について気になるという方もいらっしゃると思いますが、解約手続きは可能ですのでご安心ください。

但し条件があって、残高が0にならないと解約はできません。

証券会社などによって手順は変わってくると思いますが、解約手続きをするための案内にしたがって手続きを進めることになります。

もう少し具体的にお話すると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類が必要になります。

必要な書類に関しましては、手続きを申請した段階で郵送等で送付されます。

解約しようと思えばいつでも解約できるというのは、原則60歳まで解約できないiDeCoと大きく異なります。

解約しやすいということは、これからNISAを始める人にとって始めやすいとも言えますよね。

NISAの最大のメリットといえばやはり非課税ということですよね。

この非課税というメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールを確認しておくことが重要です。

120万円の非課税枠は使い切りです。

枠という言葉がよく使われるので勘違いされやすいのですが、例えば50万円の株を購入した後に売却しても50万円分の枠は返ってこないということです。

念のため解説すると、120万円までという枠なのですから、120万円を超える購入はできません。

また、枠自体を持越しすることは出来ませんので、年内に使いきれなかった分は、その年の分そのまま消滅します。

NISAとは簡単に言うと、投信や現物株で稼いだお金を非課税にしましょうという仕組みです。

日本では2014年に開始した取り組みで、年あたり120万円が非課税枠として用意されています。

より詳しく見ていくと日本に住む20歳以上の人という条件があり、ひとりにつき1口座を持つことができます。

非課税枠というとすごく魅力的なので詳しく確認してみると、金融商品の配当や売買差益といったものが該当します。

毎年の枠ですが最長で5年間の計600万円までで、現在保有しているものをNISA口座に移動させるということはできません。