住宅ローンどこがいい?お金を借りやすいおすすめの銀行は?

自分の家が欲しいと思ったときほとんどの人が住まいの融資に頼ると思います。

銀行や信用金庫などから申し込みができるのでどうせなら評判が良い所を選びたいですよね。

その際、参考にしたいのが口コミサイトです。

サイト上には、資金関係はもちろんのこと従業員の態度や店の雰囲気まで細部にわたって書かれていたり、星の数で点数を表している場合もあるので良い契約条件で納得したいと思っている場合は大変貴重な良い参考になるかと思います。

何千万という高額な単位のじぶん銀行の住宅ローンなので、0.1%でも安い金利で抑えたいという方が大半だと思います。

なので、この場を借りて安価で口コミでも評判の是非、利用して頂きたい銀行を紹介したいと思います。

まずはネットでも好評のイオン銀行から見ていきましょう。

こちらは、圧倒的な金利の安さで注目を集めており、加えて、提携先であるイオンでショッピングをすると登録している方だからこそ割引してもらえます。

賞与が入った時の繰上げ返済の手数料も0円です。

気になる銀行があれば、比較してみましょう。

近々、マイホームを購入したいと考えている方で支払うためのお金を少しでも親族に援助してもらう方は、この機会に贈与税について一緒に学びましょう。

この仕組みは、相続する金額によって税金がかかるもので一例として110万円以上の援助を受けた時は、1割である11万円を税金として払う必要があります。

なのでそれ以下の金額であれば問題ありません。

他にも年齢や金額によって細かく決められているので、出来るだけ手数料をかけずに返済していく方法を考えましょう。

税金についてもう少し、調べておくと良いですね。

どこの会社の住宅ローンを選ぶかこれも大切なポイントですが、意外にも変動金利にするか固定にするかで悩む方が殆どです。

固定金利は、景気に左右される事なく決められた金額を払うだけで計算もしやすいだけでなく、総返済額も正確に分りるからです。

但し変動を選択すると、景気によって毎月金額が変わるためローンの残高を明確に把握出来ないというデメリットがあります。

けれども、比較的低金利といわれる時代のせいなのか約4割の方が変動でローンを組んでいるという結果もあります。

是非、今後の金利動向をしっかり把握しながら将来の負担を軽くするために今から出来ることを始めましょう。

住宅を建てるためには、いくつかローンがありますが、つなぎ融資という言葉を聞いた事はありますか。

分りやすく言うと、住宅のための借入れが始まるまで不足分を一時しのぎで借りるローンの事を指します。

原則として、住宅の完成からローンが始まるようになっているので建てている間は、こういった借入れも視野に入れてもいいですね。

注意しておきたいのですが、利率が高いのと日割り計算なので一刻も早く、本名のローンを組まないと大変な事になります。

信用できる銀行を探す事を最優先とし、契約内容もきちんと把握し後悔しない計画を立てられるように詰めていきましょう。

将来に備え住宅のご購入を考えていらっしゃる方も多いと思います。

購入するには、まず住宅ローンを組まなくてはいけません。

住宅ローンは住信SBIネット銀行などのネットバンク・銀行・信用金庫などの金融機関から申し込みが出来ます。

ローンの申し込みをする際は、金利・審査・諸費用がかかります。

審査は、たいてい1週間前後で結果が解ります。

金利の決定は契約を結んだ月の金利になります。

諸費用は借りる額によって人それぞれですが、少なくとも数百万単位を考えておいた方が良いです。

早く欲しい!と思っても自分の物になるまで必要な事をクリアしていかないといけません。

すべての契約が終わるのはだいたい3~4カ月後だと言われています。

将来、自分の家を新しく建てる予定がある方、返済総額はいくらで、期間はどの程度になるのかきちんとした数字を出したい場合はシミュレーションしましょう。

臨時収入を当てにして返済を考えるのか、そうでないのか金利や返済開始月など細かく条件を設定できるので、住宅ローンの総返済額を把握できるのでとても便利です。

今はどこの会社も無料で試算できるサービスが豊富で、いくつか気になる会社の商品で試算してみるのもお勧めです。

但し出てきた数字は一つの基準として考えましょう。

分らない点は実際に店舗に行って相談してみると良いですね。

将来、住宅ローンを組む可能性のある方は、是非、注意して頂きたいポイントがいくつかあります。

今までの買い物で一番高い商品になる事でしょう。

従って、低金利という理由だけで決めるのは間違いです。

合計で、実質負担はいくらかを調べることをおすすめします。

いくら金利が安くても保証金や事務手数料がかかると、しまいには、返済する金額が増えていたという事もあるからです。

また金利の変動によるメリットやデメリットも合わせて、今だけでなく今後の将来を考えて具体的に判断しましょう。

良くも悪くも実際の利用者の声を参考にすると良いでしょう。

マイホームの購入資金として利用できるのが住宅ローンです。

希望される場合は、お近くの銀行・信用金庫またインターネットバンキングでも受付ています。

けれども、審査がどんな場合でもあります。

大事な事は職業・勤続年数・年収などが主になります。

あわせて、過去の金銭トラブルなども判断されるのでもし心当たりのある方はその点をきちんと整理した上で申し込みをした方が後々自分のためになります。

今すぐにでなくても、いつかは住宅ローンを申し込む方は手続きのために必要な諸費用を細かく調べておくと良いでしょう。

今までの口コミでもおよそ1割程度かかっているようです。

ネットでも評判の金利の安い銀行で申し込んではみたものの、保証料や契約にかかる全ての費用をトータルで計算してみたら、思ったよりも費用がかさんでしまったという場合もあります。

ですので、予想外に必要になる経費も合わせていくらになるか合計で計算することで、全体像が見えてきます。

例えばですが、保証料や初期手数料が無料の銀行では他の面で高くつく場合があるので注意が必要です。

今後、住宅ローンを利用する予定のある方、利用中の方も誰でも聞くだけで10年後に得するかもしれない早速、実践して頂きたい秘密の節税対策をご紹介します。

年間で約30万円も差が出るかもしれない方法ですので、出来れば早めに確認しておくと安心ですね。

申込みが出来るのは新しい家を建てた人か、或いは、中古住宅を買取りされた方になります。

改装された方で工事費用に100万円以上かかった方も対象です。

個人情報を提示したりする場合もあるのできちんと確認してから、毎月の支払い金額を少しでも減らせるようになると良いですね。

自分の家を持つ。

という事は、だれにとっても憧れるものだと思います。

しかし、家は数千万単位する大きな買い物です。

以上の事から、支払をするにする。

という様なことはまず難しいでしょう。

では、借金をするための住宅ローンはどういった所を選べば良いのか。

簡単な方法としては銀行や信用金庫が良いでしょう。

自分でどこの銀行から借り入れするか選択しても構わないのですが銀行と不動産屋が協力している場合もあるので、不動産屋に全てお願いしても良いと思います。

住宅ローンを組んでいる方の中で借り換えをご検討中の方もいらっしゃるでしょう。

借り換えとは、違う金融機関に住宅ローンを移す事です。

借り換えをする事で、ローンの返済額が減ったりします。

ですが、借り換えは必ずしもメリットだけを生みだすものではありません。

なぜなら、借り換えには諸費用が必要だからです。

無料で借り換えができる。

という所は少ないでしょう。

借り換えを考えている時はそういった事も含めたいだいの返済額が計算できるシュミレーションを利用し借り換えをした場合のメリットを事前に調べると良いと思います。

住宅ローンを組む時に一番気になるのは金利だと思います。

ローン金利はだいたい大きく分けて固定金利と変動金利があります。

どちらを選ぶかはその人次第で、銀行から薦められる事はありません。

基本的に金利が高いのは固定金利、低いのは変動金利です。

また、どちらのタイプを選ぶかによって審査が違ってくる。

といった事もなく、どちらも公平な審査の元で行われます。

どちらの金利にしたら良いかわからない時は、銀行から発表される金利の推移をチェックすると良いです。

夢のマイホームを建てたいと考えたときに銀行系、住信SBIネット銀行などのネットバンク系ならどこでも申請可能なマイホーム購入時の融資が頼りになります。

だけど、数ある中からどこを選べば良いのか?混乱してしまう事もあるかと思います。

選び方を挙げるとすると、行きやすい金融機関でも良いですし不動産屋にお任せしたり、住信SBIネット銀行などのネットバンクなども申し込みは出来ます。

だけども、どの場合でも審査があり申込者全員が通る。

という甘いものではありません。

参考:住宅ローンランキング!銀行どこがいい?【2018年9月のおすすめ】