今後の住宅ローン金利を予測する

私は6年前に結婚しましたが、今は子供にも恵まれ、嫁と子供2人の4人家族になりました。

結婚当初は、嫁と二人とでは少し広いぐらいに感じていた2LDKのアパートも、まだ子供が小さいとは言え、さすがに狭く感じます。

おまけに、2人とも元気いっぱいで毎日大騒ぎしていますので、ご近所に迷惑になっていないか、毎日心配になります。

将来的なことを考えると、もっと広いマンションや郊外の戸建て住宅の購入を検討した方がいいのかなと思っています。

そこで気になるのが、今後住宅ローン金利がさらに下がるのか、それとも上がってしまうのかということです。

当然、今後の住宅ローン金利は誰かが知っていることではありませんが、現在、新しい住宅を検討しているので、私としてはもう少し下がって欲しいという願望はあります。

住宅ローン金利って、ほんの数パーセント違うだけでも、総返済額は数十万単位、下手すれば数百万単位で違いますからね。

今後の住宅ローン金利が少しでも低いときに借りたいというのが、利用者心理ってものですよね。

以前、FXをやっていたときのことを思い出してしまいます。

そのときも、できるだけ安く買って、高く売ろうとして我慢した結果、我慢できずに高めで買って、安く売ってしまい損失を出していました。

FXは自分のお小遣いで楽しんでましたが、住宅購入は額が違います。

あまり先延ばしにしていたら、景気も回復してきて、金利も上がってしまうかもしれませんね。

今後の住宅ローン金利が上がってしまう前に、ここは一生に1度の大きな買い物になりますが、決断するときではないでしょうか。

今回の参考サイト

住宅ローン金利見直し方法は?お得な銀行比較!【借り換えメリットは?】
住宅ローン見直しの方法には借り換えや金利プラン変更などがあります。住宅ローン見直しを適切に行うことで毎月の返済金額や返済総額の軽減などが期待できるのです。住宅ローン完済を目指すあなた必見です!
www.kinri-minaosi.com/

コメントは受け付けていません。

«

»

▲Pagetop

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー